赤ちゃんにNGな食べ物とは

赤ちゃんの食べ物を知ろう

赤ちゃんの体は大人とは違います

赤ちゃんって本当に可愛いですよね。 子育ては忙しくて目を離せなくて、大変なこともクローズアップされますよね、夜泣きが激しくてなかなか寝付けない、なんてエピソードはよく聞きます。 しかし、それと同時に幸せを実感する瞬間がたくさんあるというエピソードもそれに勝るくらい聞きます。 笑顔は、代表的な例です。

赤ちゃんが食べられないものとは

赤ちゃんの歯がどんどん生えてきて、離乳食を食べるようになって、そしてそれすら過ぎて、私たちとほとんど同じような食事をとれるようになっても気を付けなくてはいけません。 小さな体には私たちがうっかりしていると忘れてしまいがちな特徴があるのです。 どんな点に気を付ければよいのでしょう。

お腹の赤ちゃん

子育ての中で最初は生まれてからではありません。 特に男性は、自分が生むわけではないため勘違いしてしまう方もいらっしゃるかもしれません。 子育ては、お母さんのお腹の中にいる時から始まっていると言って過言ではないのです。 女性の多くは当然と思うかもしれませんが、老若男女まで広げて考えていきましょう。

赤ちゃんの笑顔が見たい

子育て中の家族の方は、赤ちゃんのことで頭がいっぱいになってしまいがちですよね。
特に初めての子育てだという家族は、分からないことだらけで不安なことが多いのではないでしょうか。
子育てに向けてどれだけ準備をしてきても、産んでみて初めて知ることも多いと思います。
子育て経験済みの方でも、2人目3人目ともなるとだいぶ慣れてくると一般的には言われていますが、それでも知らないことがたくさん出てきて驚かれると思います。

赤ちゃんの体は、私たちが思っているよりもずっとデリケートです。
歴史をみていくと、大正時代くらいまでは、子どもを産んでも大人にまで育てるのは困難で、多くの子どもが大人になる前に亡くなっていたのです。
このような歴史を考えてもそのデリケートさはうかがえます。
江戸時代には、本来の次期将軍がことごとく亡くなってしまい、遠い親戚が跡を継いだなんて事例もあるくらいです。
そんな時代、統計的に女の子の方が大人になりやすかったようで、男の子は子どもの頃「病にとりつかれないように」とわざと女の子の格好をさせていた、なんてこともあったようです。
昭和時代になり、日本の経済状態が豊かになっていくにしたがい、また、近代化によって医療が格段に進歩していくにしたがって、子どもが幼いうちに亡くなるということは少なくなっていきました。
その中で色々なことが分かってきました、もちろん子育てにもその時代を映すような流行があったようです。

医療技術や科学の進歩、また先輩方の長年の経験からくる知恵によって分かってきた、赤ちゃんに大切な食べ物についてご紹介します。